CANADA'S WINDVIEW

趣味の写真を投稿していきます。昆虫好きな長男と一緒に昆虫を追いかけています。最初の年はセミやカマキリ、次の年はカブトムシ、トンボ、そして今年は…

合掌之宿 孫右ェ門

カテゴリー[ 昆虫| 田園| | | 数学・幾何学| 寺院| | 祭り| 鉄道| | 風力発電]

f:id:windview_canada:20211103230731j:plain

合掌之宿 孫右ェ門 20211030_01

f:id:windview_canada:20211103231156j:plain

合掌之宿 孫右ェ門 囲炉裏 20211030_01

f:id:windview_canada:20211103232325j:plain

合掌之宿 孫右ェ門 囲炉裏 20211030_02

f:id:windview_canada:20211103232802j:plain

合掌之宿 孫右ェ門 囲炉裏 20211030_03

f:id:windview_canada:20211103234708j:plain

合掌之宿 孫右ェ門 火天(ひあま) 20211030_01

20211030土 晴れ 18⇔2 南2 海抜491m

岐阜県大野郡白川村荻町にある合掌之宿 孫右ェ門に泊まりました。白川郷の宿泊できる合掌造り民宿の一つですが、囲炉裏(いろり)を使った料理が楽しめるということと、子連れOKということで家内が予約してくれました。そもそもは長男が「囲炉裏が見たい!」と言い出して、「それじゃぁ囲炉裏のある宿に泊まってみよう!」ということになりました。

また、最近稲刈り脱穀体験やヤンマーミュージアムの見学など、何かと稲作に関する体験が続いているという流れ的にも良いのではないかと考えました。

自家用車は宿の前にあるスペースに停めさせて頂けますし翌日の観光の間も引き続き停めさせて頂けましたから、買ったお土産を途中で車に降ろしに戻ったり等、観光もしやすかったです。

また、囲炉裏を囲んでの夕食は飛騨牛がメインディッシュで朴葉(ほおば)味噌(みそ)、山菜料理等どれも美味しかったです。

こちらは築300年の合掌造りの家で、徳川将軍吉宗の時代からあるとのことです。100年以上も変わらず実際に住み続けられている家なんて、想像もできないですね。

囲炉裏ですが、以前は薪で火を焚いていて煙も出ていたそうですが、近年は海外のお客さんも多くなってきて、海外のお客さんは煙で目がやられてしまうということで、炭を使うようになったそうです。

煙が出た方が建物内に適度に煙が充満し、煙で(いぶ)されることによって虫が付きにくいというのを以前聞いたことがあります。

囲炉裏の真上の天井から吊るされている分厚い板は、火天(ひあま)と言って、(たきぎ)を燃やす際に飛ぶ火の粉が天井に燃え移らないような火災防止の役割があるとのことです。

 


🔥ウォーキング+ランニングの距離 2.0km
🔥歩数 3,164歩
🔥登った階数 5階